クライアントの立場で考えたメンタルマッスルを鍛えるメソッドと潜在意識を味方につけたアルゴリズムでチャンスを活かして未来を切り開き、夢と理想の実現を可能にします!

menu

心と思考を鍛えて成功脳に進化させるコーチング

8-01 「読書中の集中力をコントロールする」

昨今
殆どの人が
集中力の不足に
悩んでいるようです。

ふと気付くと
目の前の仕事そっちのけで

空想にふけっていると
悩む人は多いと思います。

集中力が
途切れて空想に
ふけるというのは
実はまったく自然なことなのです。

人は
30~40分おきに
自然に空想に
捉われるのです。

脳はそうやって
ひと休みしながら
取り組んだ情報を
吸収しています。

道行く人
椅子の上の猫
メールの着信音
ラジオやテレビの音
など

気を引いて集中力の
途切れる原因になるものは
身の回りに無数にあるのです。

しかし
厳密に考えれば
あなたは集中力を
失っているわけではありません。

興味を引かれた他のものに
対象を移しているだけなのです。

問題なのは
あなたの集中力を
コントロールすることにあります。

例えば
効率良く
集中して読むためには

つまずくことなく
スムーズに情報を
取り込まなくてはなりません。

言葉の意味を調べたり
考え込んだりして
中断すると

集中力が途切れて
全体の理解が遅くなります。

読んでいて
わからない言葉に
出くわしたら
その都度すぐに
調べるのではなく

下線を引くなど
印をつけるだけに
しておきましょう。

最後まで読んで
それでもその言葉の
意味を調べる必要があれば

そのときに
調べればよいのです。

あなたも
集中力が途切れて

全体の理解が
遅くならないように
キリがよいところまで
一気に集中して読んで下さいね♪

  最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
   
ポチッと押して頂けると励みになります♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。