クライアントの立場で考えたメンタルマッスルを鍛えるメソッドと潜在意識を味方につけたアルゴリズムでチャンスを活かして未来を切り開き、夢と理想の実現を可能にします!

menu

心と思考を鍛えて成功脳に進化させるコーチング

諫言を受け入れて、気持ちを引き締めて
経営に取り組む事で安定した経営を継続できますよ。
 

誰でも
トップの地位に
ついたときには
 
責任の重さを
自覚し、やる気を
燃やして仕事に取り組みます。
 
だが
その地位に
なれるにつれて
 
緊張感を失い
そのあげく惨めな
終わり方をする者
が少なくありません
 
なぜ
そんなことになるのか?
 
知らぬ間に
「権力の落とし穴」
にはまり込んでいくのです。
 

ある国の王様が
ぽろっとこんな事を
口にしたと言われています。
 
「君主になっても
何一つ楽しいことはない
 
いや
1つだけあるぞ!
 

何を言っても
反対する者がいないことだ」
 
いつの時代でも
権力の座には
おこぼれに
あずかろうと
 
すりよって
来るものが
跡を絶たないのです。
 
彼らの
おべんちゃらは
耳に快く響きます。
 

近付けているうちに
いつの間にか
 
周りは
そんな取り巻き
ばかりになってしまうのです。
 
自分は
お山の大将になって
情報遮断の状態に陥っていきます。
 

あるいは
贅沢なのです。
 
一度その味を
覚えてしまうと
 
これも
どんどん
エスカレートし
 
歯止めが
かからなくなります。
 
なまじ
何でもできる
地位にいるだけに
 
いっそう
始末が悪いのです。
 
次第に
緊張感が
緩んでいきます。
 
おごりの
心も芽生えてくるのです。
 
こういう時に
敏感にそれを察して
些細な兆候も見逃さずに
 

諫めてくれる部下の
言葉に耳を傾ける事で
気持ちを引き締め治せます。
 
諫言を受け入れて
気持ちを引き締めて
経営に取り組むことで
安定した経営を継続できますよ♪

  最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
   
ポチッと押して頂けると励みになります♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。