クライアントの立場で考えたメンタルマッスルを鍛えるメソッドと潜在意識を味方につけたアルゴリズムでチャンスを活かして未来を切り開き、夢と理想の実現を可能にします!

menu

心と思考を鍛えて成功脳に進化させるコーチング

| コーチングは、見る角度によって、その説明や解釈が変わります
 
コーチングとは、問題解決や課題達成、目標の実現など、さまざまな課題を解決し、夢や目標を具体的な「形」にしていくために。柔軟な思考と行動をサポートするための、コーチとクライアント(コーチングを受ける人のこと)との間で結ばれるパートナーシップです。
 
 
 
コーチングは、見る角度によって、その説明や解釈が変わります。ある見方をすれば、「コーチングとは、アスリートのための精神強化プログラムだ」といういい方もできますし、ある見方をすれば、「コーチングとは、人材を育てるためのサポートプログラムだ」といういい方もできますし、また、ある見方をすれば「コーチングとは、コミュニケーションの手法だ」とも表現できるのです。
 
 
 
つまりコーチングは、「何を望むのか」によって答えが変わってくるとも言えます。目的のゴールによってフォーカスしている部分が違うのです。コーチングで扱う範囲は広く、ひと言で説明するのはとても難しいのですが、ここでは「コーチングとは何か」を、初めての人でも分かりやすい説明を試みています。
 
 
 
| Education の語源は、ラテン語の「引き出す」です 
 
Educationは、日本では通常「教育」と訳します。「教え育む」という言葉は、決して悪いことではないのですが、少し斜めから見ると、ややコーチからクライアントへの一方通行感を感じます。
 
 
 
Educationという言葉の語源を調べてみるとラテン語のeducatioが元になっていることがわかります。
 
 
 
educatioは「クライアントの資質を引き出す行為」のことで、矢印は一方通行ではなく、アドバイスすることで引き出す、という双方向性をもった言葉なのです。
 
 
 
コーチングに関わる私たちは、常にこの視点を持ち、サポートすることでクライアントがどう変わり、何をどのように発揮することができるようになるのか。
 
 
 
言い換えると、クライアントのアウトプットにどのような変化を起こすことができるのか、ということを考え続けたいものです。
 
 

| 何かをするための、その一歩にコーチングがある

 
ビジネスに於いて、コーチングの基本は、部下や相手から「引き出す」ことであり、導くことではないのです。
 
 
 
人は、押し付けられた考えには従わないことを前提に、答えは部下や相手自身が持っており、話すことで自分自身の持っている答えに行き着き、そして、みずから得た結論に対して自ら行動することで、目標に近づき、達成可能となるというような一連のことがよく分かると思います。
 
 
 
よくあるコーチングの「スキル」を前面に押し出した解説とは異なり、何かをするための、その一歩にコーチングがあるというスタンスで書いています。
 
 
 
そして、誰もがコーチングに触れる機会を持ち、あなたの目標達成や理想の実現に向けて「今、何をすべきか」を提示したいと思います。

 

  最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
   
ポチッと押して頂けると励みになります♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。