クライアントの立場で考えたメンタルマッスルを鍛えるメソッドと潜在意識を味方につけたアルゴリズムでチャンスを活かして未来を切り開き、夢と理想の実現を可能にします!

menu

心と思考を鍛えて成功脳に進化させるコーチング

2-06 プロジェクトが上手くいかない理由②

| ②目標が不明確なままスタートする

目標が不明確なことによる失敗談を知る事で
プロジェクトのメンバーによる目標設定が
いかに重要かを自覚するようになりますよ。
 
プロジェクトが
上手く行かない
理由の中で一番の原因である
 
②目標が不明確なままスタートする
お伝えしますね。
 
これは
多くのプロジェクトが
失敗する典型的な原因です。
 
目標が
不明確なままでも
チーム・メンバーは
各自で一生懸命に考え
 
目標を
自分で設定し
まずは自分が
出来る事から始めてしまいます。
 
上記は
私の失敗談ですが
 
以前
勤務していた職場で
 
仕事受注のための
入札前プレゼンテーションの
プロジェクトをスタートさせました。
 
リーダーと私は過去に
教育関連の業務経験が長く
 
この
プロジェクトの
ゴール(目標)を
はっきり見据えていました。
 
他のメンバーも
なんとなくは分かっていたのですが
 
明確にしないまま
役割だけ決まって
プロジェクトはスタートしました。
 
メンバーは
それぞれの目標を
考えてそれぞれの
作業を始めたのです。
 
2週間後に
ミーティング
を行ってみると
 
目標が
バラバラである
ことが判明しました。
 
受注する
という大きな
目標は同じで
 
アピール材料と
しては間違ってないのですが
 
各自
アピールで
一番トップに
持って来るモノが
違っていたのです。
 
つまり
コストカット
福祉への貢献
子どもの育成計画
など一番チカラを入れてる
場所がバラバラだったのです。
 
すべてを
リセットして
 
子どもの心を豊かに育成
を目標として
 
それに
一番チカラを入れる
 
という事で
 
初めから
やり直しとなり
 
時間だけを
浪費する結果
となりました。
 
早い段階で
把握できたので
 
結果的に
入札前プレゼンテーション
は成功して仕事を受注できたのです。
 
目標を
メンバー全員が
理解して同じ方向を
向いて前進していなければ
 
仕事の受注は
失敗に終わっていたでしょう。
 
目標は
なんとなく
分かっているのではなく
 
明確に
理解してから
スタートして下さいね♪

  最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
   
ポチッと押して頂けると励みになります♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。